md5変換

使う必要があったので、サクッと実装

MD5とは

任意の長さの原文を元に128ビットの値を生成するハッシュ関数(要約関数)の一つ。
同じ入力値からは必ず同じ値が得られるが、異なる入力値からは違う値が得られる。
不可逆な一方向関数を使うのでハッシュ値から原文を割り出すことはできない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です