カテゴリー別アーカイブ: JavaScript

Json を読込んで PHP の配列に入れる

Json の構造は例えばこんな感じ

PHP で読み込むには json_decode を使う。


jQuery Mobile テキストを省略せずに表示

jQuery Mobileは、モバイルに最適化したウェブを開発するための JavaScript & CSS フレームワーク。

なかなかにイイ感じになるのだが、初期状態のままでは、ボタンタイトルなどの長い文字列が「…」と省略されてしまう。

省略させたくない場合は、以下のスタイルを上書き。
[code lang=”css”]
<style>
.ui-header .ui-title, /* header */
.ui-footer .ui-title, /* footer */
.ui-btn-inner, /* button */
.ui-li-heading, /* listview heading */
.ui-li .ui-btn-text a.ui-link-inherit, /* listview link */
.ui-li-desc /* listview description */
{
overflow: visible;
white-space: normal;
}
</style>
[/code]
ちなみに JQuery Mobile 1.4 では効かないみたい。


dataTables で検索とかの表示位置を変更する。

jQuery の dataTables は、table のデータのソートやページングや絞り込みができる高機能で便利なプラグイン。
表示件数やフィルタ入力、テーブル本体などは DOM(Document Object Model)として扱われる。
で、「画面のモックと違うから、これらの表示位置を変えて欲しい」との要望が orz
(標準のまま使えやー!)
以下の方法で DOM の位置が変えられるので備忘録として記載。

DOM の位置変更

DOMの位置を上とか下とかに変更したい場合は以下の方法を使う。
横方向は css などを使うのかな?

  • l – 表示件数
  • f – フィルタ入力
  • t – テーブル
  • i – インフォメーション
  • p – ページング
  • r – 処理
  • < と > – div 要素
  • <“クラス” と > – クラスを持つ div
  • 例: <“wrapper”flipt>, <lfip>

DataTables DOM positioning example


超絶簡単! 郵便番号から住所を自動入力

郵便番号を入れると都道府県とか市町村区を自動的に入力したいなぁ と思って調べたら、良いのがありました。

ajaxzip3 というやつ。

1、JavaScript を読み込む。
2、関数を設定する。
以上

作っている人たちも「世界一、簡単に設置できる郵便番号検索を目指して!」って言っていますからねえ。

郵便番号:←ここに郵便番号を入れてね
都道府県:
市町村区:

先ずは、郵便番号に7ケタ入力してみて下さい。