Raspberry Pi3

出ました「Raspberry Pi 3 Model B」

SoCには、BroadcomのBCM2837を搭載。
プロセッサは ARM Cortex-A53(4コア、1.2GHz) 64bit対応

また、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.1(BLE対応)を搭載。

Micro USB経由で給電するけれど、推奨する電流容量は2.5Aと、前モデルの1.8Aから増加しているので、別途電源が必要。

従来の「Raspberry Pi 2」と互換性を保持していて、
I/Fは、コンポジットビデオ/音声出力、Ethernet、HDMI出力、USB2.0 × 4、microSDカードスロット、Micro USB、GPIO×40ピンと同じ。

ちょっと前の Mini-ITX ボードと遜色ないレベル?
うーむ。買いか!?

しかも・・・

米ウェスタン・デジタルが、ラズパイ向けにHDD、PiDrive 314GB を発表。
Piで使えるよう省電力性や低発熱性を高めている。
π だから 3.14 なのね。
日本ではまだ入手は難しそう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です