タグ別アーカイブ: jimdo

jimdo:Search Console の設定

jimdo は管理画面の [設定]→ Apps の Google Analytics に Google アナリティクスで取得したトラッキングコードを張り付ければ Google Analytics でレポートできる。

Google Analytics 側では [集客] → [検索エンジン最適化] → [検索クエリ] で、どんな検索キーワードでこのサイトに来たか確認できるのだが、
そのためには Search Consoleの設定が必要となる。設定されていない場合は [Seach Console のデータ共有機能の設定] ボタンが表示される。

おすすめの方法として、html ファイルをサイトのルートディレクトリに置いて、所有者を確認する方法があるが、
jimdo は html ファイルをアップロードできないので、この方法は使えない。
なので、メタタグに記述する方法を使って、所有者を確認する。

  1. [Seach Console のデータ共有機能の設定]ボタンを押してアナリティクス設定画面を表示する。
  2. 下の方の [Search Console の調整] ボタンを押して、Search Console のサイト画面を表示する。
  3. 「編集」リンクを押して、Seach Console 画面を開く。
  4. [Search Console にサイトを追加] ボタンを押して jimdo サイトを追加する。
  5. 「おすすめの方法」では、jimdo のサイトに html ファイルを追加できないので、「別の方法」→ ◎ HTMLタグ を選んで meta タグをコピーする。
  6. jimdo の管理画面で [設定] → [ヘッダー部分を編集] で先ほどのメタタグを設定する。
  7. Search Console 画面で [確認] を押す。
  8. Search Console のプロパティと Google Analytics を関連付ける。

これで所有者が確認できて、関連付けられたので、検索クエリが確認できるようになった。


jimdo に font-awesome を入れる

font-awesome   とは、Webフォントと呼ばれるもので、画像を用意しなくてもアイコン風なイメージが使える。

 

使い方は、font-awseome のスタイルシートを読込んで、Webフォントを表示したい箇所で i タグを記述する。

 アイコンも多数用意されているので、たいていのことはこれだけでできる。 

アイコン一覧  

 

なので、設定するには管理者でログインして 

[  設定] → ホームページブロックのヘッダー部分を編集 → ホームページ全体のタブをクリック → <head> の変更 に

(※ font-awesome のバージョンについては適宜修正して下さい。)

を追記する。

 

注意:

jimdo の仕様だと思うけれど、<i class=”fa fa-html5″></i> の様に空で記述すると、jimdo のエディタで勝手に i タグが削除されてしまう。

その場合は、<i class=”fa fa-html5″>&nbsp;</i> と、間に &nbsp; を挟めば削除されません。


無料ホームページスペース jimdo とは?


jimdo(ジンドゥー) はワープロ感覚でホームページが作成できるサイト。
html はちょっと苦手という人にお勧め。

無料プラン

PHP データベース CGI ディスク容量 商用利用 広告掲載 独自ドメイン
× × × 500MB ×

jimdoPro(¥945/月) や jimdoBusiness(¥2,415/月) なら更にできることが増える。

専門知識や技術がなくても直観的なインターフェースでコンテンツが作れるので、ITリテラシーのあまり高くない人に「ホームページ作って?」と言われた時は十分選択肢になりえる。

もちろん html や css の知識があれば、かなりのカスタマイズも可能。
(WordPress や MovableType に比べるとできることは限られるけどね。)

ちなみに Nekyo@jimdo はここ!! 余り更新していないけどね(^^;