ApacheからPythonを呼ぶ設定

Apache側の準備

httpd.conf の
・DirectoryIndex に index.py を追加
・AddHandler に .py を追加。

ruby、python は、以下のoptionsを設定

Python は cgi として動くのでシェバング(1行目)を忘れずに。別バージョンで使う場合はここを修正する。例) #!/usr/bin/python36

作ったスクリプトには x 属性を追加しておく。例) chmod +x index.py

Pythonをインストール

最新の Python は python36 だが、Tensorflow(Python36未対応)等を使う場合は Python35 を入れる。(x が 6 とか 5 とかになる。

Python35 の pip を使う場合は、以下の様に実行する。


AwsLinux に Lamp 環境構築

アップデート・アップグレード

有効なパッケージの確認

パッケージ名には httpd* とか指定する。httpd(ver2.2) と httpd24(ver2.4) が見つかる。

Webサーバー

apache2

https を使うには

参考:チュートリアル: Amazon Linux で SSL/TLS を使用できるように Apache ウェブサーバーを設定する

DB

MySQL

mysql も mysql(5.5-1)、mysql51、mysql55(5.5.58)、mysql56、mysql57 がある。

ユーザ作成

PHP

PHPも、PHP(5.3)、PHP54、PHP55、PHP56、PHP70、PHP71 があるので妥当なバージョンを選択する。
PHP 7.1 インストール

AWS ELB:443 EC2:80 で WordPress を立ち上げる場合

wp-config.phpの上部に

を追記。wp_opions の seturl と home を https:// に変更する。

□公式ドキュメント
Function Reference/is ssl « WordPress Codex


Ubuntu環境構築

UbuntuのOSは入っている前提で

SELinuxオフ

アップデート・アップグレード

Webサーバー

apache2

https も使うなら SSL のモジュールを有効にする。

ファイヤーウォール設定

DB

MySQL

インストール

ユーザ作成

PHP7

リポジトリインストール
PHP 7.0 インストール

トラシュー

Composer で

Composer で何かやろうとしたとき以下の様なエラーが出る

diag を実行するとどこでエラーかわかるので、見てみると pubkeys でエラーになっていた。

こんなときは pubkey を入れなおす。update-keys を実行すると以下の様に聞いてくるので

https://composer.github.io/pubkeys.html の —–BEGIN PUBLIC KEY—– から —–END PUBLIC KEY—– までを全て入力する。

GPGエラー

apt-get update で以下の様なエラーが出る場合

の様にキーを追加してやる。debian.org とかあるけれど keyserver.ubuntu.com で良いらしい。


Laravel 権限追加

これで空のマイグレーションファイルを作ってから、それを編集してフィールドを追記する。
database/migrations/YYYY_MM_DD_HHIISS_modify_users_admin_column.php

app/User.php に追加した権限に対応する処理を追加する。

ポリシーの設定

モデル依存の場合は個別にPolicyファイルを作るが、全体の場合は、app/Providers/AuthServithProvider.php の boot() に直接記述する。
app/Providers/AuthServiceProvider.php

これで blade 内で

で制御できるようになる。


Vagrant(CentOS7編)

Vagrant環境構築

Centos7のボックス追加から立ち上げ

SELinuxオフ

アップデート・アップグレード

Webサーバー

apache2

ファイヤーウォール設定

DB

MySQL

mariaDBライブラリとデータフォルダの削除

リポジトリ追加

インストール

ユーザ作成

PHP

リポジトリインストール

PHP 7.2 インストール

トラシュー

MySQLのパスワードを変更しようとしたらエラー

Vagrant 1.9.8 から vagrant up が固まる。

Vagrantのバージョンの問題。
1.9.7 から PowerShell5.x が必要なので(Windows7 に入っているのは PowerShell2) PowerShell5.x を入れる。
Cygwinを使っている場合は、Vagrantを1.9.6、VirtualBoxを5.1.30にダウングレードするか、Cygwinターミナルを使わず、コマンドプロンプトを使う。

Implementation of the USB 2.0 controller not found!

Extention Packが必要
1. 最新のVirtual Boxをインストール。
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html#vbox
2. VirtualBox Extension PackをVirtual Boxに追加。
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html?ssSourceSiteId=otnjp#extpack

Authentication failure. Retrying…

  • Vagrantfile に以下を追記して上書きされないようにする。

  • vagrant ssh でゲストOSに入って、デフォルトの公開キーを上書き、属性も変更しておく。

  • VMを再起動して確認

参考:vagrant upコマンド実行時にAuthentication failure.エラーが発生する


いろいろ環境を作って実験しています

マルチサイトな日々
Wordpress の MultiSite プラグインを使ったサイトです。
BuddyPressな日々
Wordpress の BoddyPress プラグインを使ったサイトです。
Joomla な日々
Joomla3 を使ったサイトです。
Jimdo な日々
Jimdoを使ったサイトです。
※先ずはやってみるという実学が一番