Windows10 を入れた。

うちには PC が何台かあって 一台ぐらい多少不具合があってもいいので
7 Home Edition → 10 にアップグレードしてみた。
アップグレードは特に問題なくできて、Windows 10 Home になった。(3G空き容量があればいい。)
以前入っていたソフトも問題なく使えている。

正式アップグレード前の 10 テクニカルプレビュー版を仮想マシンにインストールして試していたが
それよりも、メニューまわりとかが落ち着いた感じ。

ただ問題は Wi-fi がプチプチ切れること。
最初は調子よくつながっているのだが、しばらくするとネットワークエラーになって、
タスクバーにある Wi-fi のアイコンに マークが出ている。

そうなると、 Wi-fi を一度切断して接続しないとつながらない。自動で復帰したりしない。
と思ったら、結構有名な既知の問題らしい。

あとは、ストアを立ち上げても、 のままで何も表示されない。

普段使いでは特に問題ないので、Wi-fi 問題はもうしばらく様子見かな。

Wifi強度を調べてみる。
IMG_1519Wifi が切れる原因の一つに電波強度が弱いというのがあるらしいので、Android タブレットに Wifi Analyzer を入れて調べた。

赤いのがうちので電波強度は十分。ちなみに緑のは近隣のルーター。特に干渉はしていない。

たいていの無線LANルーターの初期設定はチャンネル自動なので、近くに同じチャンネルのルーターがあると、自動的にチャンネルをずらす。

うちの近隣は1チャンネルと11チャンネルの電波強度が強めにでるので、自宅のルーターは6チャンネル固定に設定。
これで勝手に近隣がチャンネルを避けてくれるので電波干渉なくつかえる。

それでも切れる。

ちなみにIPアドレスをDHCPではなく固定にしても切れた。

もう有線しかないのかなあ。
しばらくいろいろ試してみよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です