Raspberry Pi のディスク使用量が 100%

Raspberry Pi のディスク使用量が、いつの間にか 100% になっていた。
原因はログ。
ずーと動かしっぱなしにしていたので、ログロテートの設定で大量のログが出来ていた。
慌ててログロテートの設定を変更して余分なログを消したら、使用量 30% まで減りました。
所詮は 8G のマイクロSD なので、1TBのハードディスクとは同列には扱えんわな。

その後の顛末。

後日、見てみたらまたまた 100% になっていた。
でも、ログを消しても 100% が変わらない。
調べてみると、プロセスがファイルを保持していると、ファイルを消しても領域が解放されない罠(T_T)。
リブートしたら 30% に戻った。

ラズパイに稼働率 スリーナイン(99.9%) とか全く求めていないので、夜間に reboot するクーロンを仕掛けておこうっと。

その後のその後の顛末。

mail のエラーログが大きかったので調べてみると sensible-mda が no such file or directory になっていた。
確かに /usr/sbin/sensible-mda がない。
[code lang=”bash”]
apt-get install sensible-mda
[/code]
を実行してインストールしたら、エラーはなくなった。

また、どうやら全体を再起動しなくても rsyslogd だけリブートすれば、ファイルは一時的に開放されるっぽいので crontab で深夜3時にしかける。
[code lang=”bash”]0 3 * * * /etc/init.d/rsyslog restart[/code]
それと root のメールが鬼の様に溜まっていたのでそれを消して、スクリプト実行時にメールが飛ばないように以下を追加
[code lang=”bash”]0 3 * * * /etc/init.d/rsyslog restart >/dev/null 2>&1[/code]
これでしばらく様子見。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です