外部JSとCSSを手っ取り早く使う

NetCommons では、ヘッダーのお知らせブロックの編集画面で、次のような行を追加しておく。
[code lang=”html”]
<link type=”text/css” href=”cssのURL” rel=”stylesheet”>
<script type=”text/javascript” src=”jsのURL”></script>
[/code]
テンプレートをいじる必要もないので簡単。
[code lang=”html”]
<link rel=”stylesheet” href=”//netdna.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.1.1/css/bootstrap.min.css” type=”text/css” />
<link rel=”stylesheet” href=”//netdna.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.0.3/css/font-awesome.min.css” type=”text/css” />
<script src=”//netdna.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.1.1/js/bootstrap.min.js” type=”text/javascript”></script>
[/code]
このサイトではこれが入っている。

ちなみに bootstrap は Twitter 社がオープンソース化した CSS フレームワーク。
レスポンシブル(表示デバイスに合わせて最適化する)デザインなので、モバイルファーストなサイトにももってこいだが、NetCommons が幅固定の作りなので、相性はそれほど良くはない。

実際に試してみる、一番手っ取り早い使いが、上の様に、ダウンロードもしないで CDN のURLを head に直接埋め込む方式。

同じようなデザインになってしまうとか巷(ちまた)では言われていますが、ここではあえてなるべく既存のまま使っています。
詳しい使い方は、こちらを参照:http://getbootstrap.com/css/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です