beaglebone black で インターネットラジオ

[pe2-image src=”http://lh6.ggpht.com/-OJGrAfDJCKw/UhNhVvJoCsI/AAAAAAAAA2A/pb2lYyZ68oM/s144-c-o/IMG_0515.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/102611050507797361648/20130820#5914177761729579714″ caption=”” type=”image” alt=”IMG_0515.JPG” pe2_single_image_size=”w200″ pe2_single_video_size=”w200″ ] ラズパイ は オーディオジャックに、そのままスピーカーをつなげば音楽再生できるので、手間がかからない。
でも、ベグボンはCPU性能はイイけれど、USBポートは足りないは、オーディオジャックは付いていないはで、一筋縄では行かない。
それでも音楽を聴きたいなら

・microHDMI VGA変換ケーブルのオーディオを利用。
・USBオーディオを使う。

とか工夫が必要になる。
USBオーディオについては無骨なのもあるが、どうせならCoolに決めたいので、真空管風というのをチョイスして、つないでみた。

[pe2-image src=”http://lh6.ggpht.com/-gw3uujBpo50/UhNhUE-2JpI/AAAAAAAAA14/lTbp3iLtOmw/s144-c-o/IMG_0514.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/102611050507797361648/20130820#5914177733230208658″ caption=”” type=”image” alt=”IMG_0514.JPG” pe2_single_image_size=”w200″ pe2_single_video_size=”w200″ ] 秋葉原の三月兎で購入。ちなみに、1号店と3号店のどちらにも置いてありました。

設定の方法については、ここら辺を参考にしてください。
BeagleBone Black + MPD について

もちろん、使用しているUSBオーディオが違うので表示内容が異なる部分もありますが、同じ手順で行けました。

[pe2-image src=”http://lh4.ggpht.com/-vIJH7sWSZ68/UhNhXe0LTMI/AAAAAAAAA2I/REIWkvf695Y/s144-c-o/IMG_0517.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/102611050507797361648/20130820#5914177791704386754″ caption=”” type=”image” alt=”IMG_0517.JPG” pe2_single_image_size=”w200″ pe2_single_video_size=”w200″ ] つなぐとこんな感じ。

まだ ALTOIDS 缶に USB用の穴を開けていないので、ムキ身で掲載。

確かに低音とかは効いている気がする。

どうせなら真空管アンプ風にカスタムしてみようかな。
でっかいダミーのヒートシンクとか載せればそれっぽくなるだろう。

問題は、アクリル版の加工だな。やったことないし。
なんか、なし崩しのまま ALTOIDS缶 に落ち着いちゃいそうだなぁ 😀


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です