Ansible-playbook:lamp.yml

LAMP環境を一括して作っちゃうプレイブック。M は流行の Maria-DB、phpMyAdmin まで入れているので
不要な方は適宜コメントアウトしてちょ

全パッケージを最新にして SELinux を無効にするプレイブック。後ろのやつで include している。
最初に一回やれば OK なので、直接実行して、後ろのプレイブックでコメントアウトしても OK。

subUpdateAndSelinuxOff.yml

lamp.yml

以下の様に実行する。

後は (yes/no)? の部分でリターンを押すだけ。
処理が終わったら、最後のコメントの部分を手動で実行する。

でも、これだと標準で入る PHP のバージョンが5.4.16。laravel4.2 は使えるけれど
laravel5 の動作要件は PHP 5.5.9 以上なので使えないね。
OSが Ubuntu で Webサーバが nginx で良いなら Homestead を使うという手もあるらしい。
Homestead


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です