Raspberry Pi 向けOSまとめ(2016年版)

Raspberry Pi 向けOSダウンロード一覧

最初の頃と変わって、最近ではラズパイ向けOSも様変わりしてきたので、ここいらで一度最新の情報でまとめ直しておく。

NOOBS メニューからインストールするOSを選択できる。
使い方はSDをフォーマットして展開したものをコピー。
ラズパイに挿して起動するとメニューが表示される。
ただしNOOBS分で多少容量が確保されてしまうのでOS個別でインストールするより
使えるSDの容量は少なくなる。
NOOBS Liteはインストール時にOSをダウンロードするので、NOOBSよりファイルサイズが小さい。
RASPBIAN debianベースのファウンデーション公式サポートOS
UBUNTU MATE デスクトップ環境にMATE(マテ)を採用したUbuntuのフレーバー。
SNAPPY UBUNTU CORE クラウドとコンテナ型仮想化や、IoTの時代まで見据えた
軽量かつ汎用的な新しいインストール済みイメージファイル。
標準でロールバック機能や個々のアプリケーションの隔離機能を備えており、
さまざまなクラウドプラットフォーム上に,Ubuntuシステムをより
簡単にデプロイ・リリースできるようになる。
うーむ。よくわからん(^^)
WINDOWS 10 iOT CORE Windows 10 のIOT版。
GUIとかデスクトップがあるわけではなく、特殊な手続きで外部から接続して使う感じ。
OSMC メディア再生に特化したOS。動画や音楽を再生可能。
HDMI経由でTVのリモコンからも操作可能。
OPENELEC メディア再生に特化したOS。OSMCよりも軽快。動画や音楽を再生可能。
HDMI経由でTVのリモコンからも操作可能。
日本語も標準で使えるので初心者はこっちが良い。
PINET Linux系/教育用で複数台のRaspberryPiをまとめて管理するクラスルーム用OS?
RISC OS ARM向けに設計されたOS。小さく快適に動作。
デスクトップ環境もあって直感的な操作が可能。
WEATHER STATION ラズパイを気象台にするためのOSか?

こんなの書いてるの Qiita にありそー!!(笑)

でも、ラズパイ3は64ビット!そもそもこれらのイメージって64ビットに対応しているのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です