OpenShift とは?

OpenShift はレッドハットが提供するPaaS(Platform as a Service)環境と、それを構築するためのオープンソースソフトウェア。
PaaS とは、Webサービスを提供する際に、必要なハード、OS、DB、アプリケーションサーバ、ロードバランサなどシステム一式をプラットフォームとして提供するサービスのこと。

OpenShift の無料枠について

OpenShift にはFreeプランが用意されていて色々試すことができる。

  1. 3個のアプリ(3 gears)まで無料
  2. 1GBのストレージ
  3. 24時間はインスタンスを起動。(24時間アクセスがないと落ちる)

3番目に対しては、別サーバから cron で wget してやれば対策できそう。

PHP以外にも・・・

昨今、PHP + MySQL とか WordPress 簡単インストールなどのサイトが一般的になりつつあるが、
OpenShift を使うと PHP 以外にも、Java、Python、Ruby、JavaScript(Node.js)、Perl 、変わったところでは Go なども試すことができる。
Webアプリケーションフレームワークやオープンソースも利用可能で、JBoss、MongoDB、MySQL、PostgreSQL などの一般的なミドルウェアや、Wordpress、Drupal などのオープンソース、Maven、Jenkins、Eclipseといった開発ツールもサポートされている。

とりあえずまとめ用に WordPress は入れたけれど、折角だから PHP 以外の言語を試さないとね・・・。

Instann App の see all をクリックすると・・・

最初に見えているのは5つぐらいだけれど、see all をクリックするとかなり色々表示される。
RedmineownCloudMoodle なんかまであったりする。なるほど(^^)

Nekya@openshift はここ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です