vtigerCRM 6.x のインストールと日本語化

vtigerCRM の 6.3.0 がリリースされた。

インストール

  1. Vtiger CRM 6.3.0 – CRM Downloads からダウンロードして展開
  2. 権限・オーナー変更
  3. Webからアクセスすると初回はインストールウィザードが走る。詳しくは Instration Manual 参照。
    (Chrome で何も表示されない場合は、IE などの別のブラウザを使う。インストール後は Chrome でも使える。)
    データベースウィザード内では Create new database にチェックを付けることで作成できる。
    Currency = Japan Yen(\)、Date format = yyyy-mm-dd、Time Zone = (UTC+09:00) Tokyo

見た目は 6.2.0 とあまり変わらないけれど、imap 系が強化されているっぽく php-imag (メールのimap用ライブラリ)が必要。
CentOS 7 (epel適用済み) なら、以下でインストール可能。
[code lang=”bash”]
yum install -y –enablerepo=epel php-imap
[/code]

その他のTips

  • 役割を設定しておいた方が良い。
  • 送信メールサーバーの設定
    CRM設定 > 他の設定 > 送信メールサーバー
  • talend 5.6 と同期するのは VTigerCRM 5.0, 5.1 なので 6 系は使えない

日本語化
ちなみに vtigerCRM 6.x 系の日本語化の方法。

  1. 先ずはそのまま vtigerCRM 6.x 系をインストール。
  2. (ギアアイコン)> CRM Settings > Extension Store で Login to Marketplace でログイン(事前登録が必要)
    ログイン完了までちょっとタイムラグがある。
  3. Search for an extension. から Japanese で検索
  4. 「V6.1 対応 Japanese(日本語)ランゲージパック」(無料)を Install
  5. ユーザの言語を Japanese に変更

新しいモジュールは対応していないが、主要な機能ははぼ日本語化される。
早く、6.3 対応版リリースして欲しいなあ。

その後の顛末
Narashino System さんから VTigerCRM 6.0-6.3用言語パック がダウンロードできる。(要利用条件登録)
これは、All → Add → Install from Zip から行う。
6.0.0 用なら GitHub からダウンロードできる。
モジュール用なら vtiger情報サイト からダウンロードできる。

余分な言語を消したい場合
Extension Store でボタンが Installed がインスールされてるもの。More Details の詳細画面から UnInstall ボタンをクリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です