Intel Galileo Gen2 が公式発表

Intel Galileo Gen2 が公式に発表されました。
でも、まだ情報が少なくてどこが変わったか良くわかりません。
マイナーバージョンアップレベルなのかなあ。
マイナーで扱いづらい Yocto Linux じゃなくて、簡単に一般的なディストリビューションが使えるようになればうれしいけど、チップが Intel互換として扱われちゃうから、なかなか難しいのかも。

以前入手した Intel Galileo も持て余しているので、買うなら Gen2 よりも Raspberry Pi の model B+ かな。

インテルガリレオのGen 2での新機能

  • 6ピンの3.3VのUSBのTTL UARTヘッダは、Linuxのデバッグ用3.5mmジャック、RS-232コンソールポートを置き換えます。標準FTDI * USBシリアルケーブル(TTL-232R-3V3)、人気のUSB-シリアルブレイクアウトボードを使用して新しい6ピンコネクタグループ。高い速度と改善されたドライブ強度のための完全にネイティブな12個のGPIO。
  • サーボのより正確な制御、およびより滑らかな応答のための12ビットのパルス幅変調(PWM)。
  • コンソールUART1は、多くの場合、ソフトのシリアルの必要性を排除し、スケッチに*ヘッダをArduinoのにリダイレクトすることができます。
  • 12Vパワー·オーバー·イーサネット(PoE)を可能(PoEモジュールのインストールが必要です)。
  • 電力調整システムは、7Vから15Vまでの電源を受け入れるように変更しました。

ニュースリソース:Make:Japan


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です