3DCG

今、3Dプリンターがムーブメントになっているので、将来的に自分でも3Dプリントできるよう、3Dデータをどう作れば良いか調べた。
重要なポイントは「無料」であること。

などがある。

自分が使いやすかったのはメタセコ。

これはモデリングに特化した国産の3DCGソフトで、シェアウェア版と機能制限されたフリー版がある。
その他のソフトは、高機能すぎて 覚えるには時間がかかりそう。
その点、メタセコは粘土をこねる感覚で直感的に使えた。
メタセコ・フリー版は、.MQO という独自形式での保存しかできない。

3Dプリンターに出力するには STL形式にする必要がある。
でも 3DACE というフリーソフトを使うと STL にできるらしい。

今度やってみよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です