Raspberry pi リセットスイッチ 追加

ラズパイとよく比較される、ベーグルボーンの黒には、リセットやパワーボタンがある。
でも、ラズパイには何もない。

電源オフは、microUSBケーブルを引き抜き
リセットは抜き差し。

でも、実は基板上のP6をショートすることでリセット可能。

ならば!ということで P6 のスルーホールにピンヘッダをハンダ付けしました。

拡大すると、こんな感じ。

ピンヘッダは長くても好きな単位で折れるので、2つで折って使用。

ここにピンコネクタ付きのスイッチを差し込めばリセットボタンに早変わり。

パソコン用のリセットスイッチをつないで動作確認してみました。

ホルト状態からでも、このスイッチを押せば起動してくれるからイイですね。

なんか、こっそりヒートシンクも付いているし :-D
ちなみに、このヒートシンクは千石電商本店2Fで4つで140円だったかな。
うち2つはラズパイで使ったので、残りはベーグルボーンで使いましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です