Beaglebone Black WOL(Wake On Lan) やってみた結果 非対応

Beaglebone Black はボード上に電源ボタンが付いていて、電源をオフにできる。
もちろん shutdown でも同じ。
でも、電源オンはUSBを抜き差しするしかない。

それは面倒なので、Wake On Lan ができるか試してみた。

Wake On Lan とは、ネットワーク上にマジックパケットを流して、それに対応する機器を
リモートで起動する技術。

結果はNG!

マジックパケットを流しても、ウンともスンとも言いませんでした。

これができれば良かったんだけどね。

スイッチ付きコンセントとか使って、簡単にオンオフできるようにしないとね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です