Beaglebone Black に Debian を Windows からインストールする方法

Beaglebone Black に microSD で別OSを入れるのに
Linux マシンを使った事例はググるといっぱいでてきますが
適当なマシンがなかったので、Windows だけでインストールしてみました。

イメージゲット

まず、ここら辺からイメージをダウンロード
BeagleBone Black OSイメージ http://www.armhf.com/index.php/boards/beaglebone-black/

今回は Debian を入れました。

解凍

拡張子が xz なので(zipとかで統一して欲しい :-()、Lhaz とか対応しているアーカイバーで解凍します。
cygwin が入っていてればそのまま xz で解凍しても良いかも
xz -cd debian-wheezy-7.0.0-armhf-3.8.13-bone20.img.xz

microSD 書き込み

次に win32diskimager で書き込み
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_win32diskimager/
イメージを指定して、ドライブを指定して write

# ここら辺はラズベリーパイのインストール事例が参考になるかも
# 指定するイメージが違うだけです。

接続

microSD と LANケーブルを刺して起動。
microSD を入れるのが上向きなのでびっくりします。
最初はDHCPでつながるので、別途DHCPサーバが必要です。
初期のユーザとパスワードは debian/debian

これでログインできました。

raspberry pi の様に、expand rootfs するのはどうするんだろう。


Beaglebone Black に Debian を Windows からインストールする方法」への4件のフィードバック

  1. これって、MicroSDつっこんでからログイン出来るまでって結構時間かかるものなんでしょうか。自分がやってみるとLEDランプが3つついたままでそこから進みません・・・・何かわかれば教えて欲しいです。

    1. オンボードのLEDは初期状態が
      usr0 が heartbeat
      usr1 が mmc0
      usr2 が cpu0
      usr3 が mmc1
      です。
      usr2 で止まるとなると、カーネルイメージが正しく読み込まれていない可能性がありますね。
      通常は、user0 が点滅して、それぞれアクセスがあるときLEDが点滅するようになります。

      1、SDFormatter でフォーマットしてからやってみる。
      2、イメージを入れなおしてみる。または別のディストリビューションを試してみる。
      3、microSDカードを変えてみる。(相性が悪い場合があるらしいので)
      でしょうか。

  2. こんにちわ。
    こちらのサイトでSD作成してみました。
    大変参考になりました。ありがとう御座ます。
    1点確認ですが、この方法で作成したDebian SDはオンボードのeMMcにフラッシュされる訳では
    ないですよね?
    SDにインストールされたDebianが起動されているなら問題無いと理解してよろしいでしょうか?
    ご案内いただけると幸いです。
    宜しくお願い申し上げます。

    1. SDから起動しているなら問題ないですよ。
      eMMC にフラッシュするにはs2スイッチを押しながら電源を入れるなどの手順が必要なので、
      何もしていないなら、eMMC は上書きされないので、SD を抜けば出荷時設定で立ち上がるはずです。

      ビーグルボヨヨンさん>
      Let’s エンジョイ BBB Life ! です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です